【言葉遣い編】品格のある20代のモテ女が行っていること

20代にもなると、女性の品格は言葉遣いに現れるようになります。

若者用語を好んで使っていた10代とはうって変わって、若者用語を多用する女性は頭が悪いと見られてしまう恐れがあるので要注意なのです。

20代にもなれば、会社勤めを初めて社会人としての心得をきちんとわきまえた人がモテ女になるのです。そんなモテ女が行っていることは、正しくて綺麗な日本語を話すことです。若者用語である「やばい」を連発することは、それだけで頭が悪いと思われてしまいがちです。豊富な語彙を使い分け、敬語をきちんと使えることが社会人として見られるときには重要な要素であるのです。

敬語に自信がないのであれば、マナーブックを買って学習することをおすすめします。

関連記事

  1. 【ファッション編】品格のある10代のモテ女が行っていること

  2. 【ファッション編】品格のある20代の男性が行っていること

  3. 【動作・立振る舞い編】品格のある10代の学生が行っていること

  4. 【言葉遣い編】品格のある20代の女性が行っていること

  5. 【食事編】品格のある20代のモテ女が行っていること

  6. 【食事編】品格のある20代の女性が行っていること

カテゴリー