【ファッション編】品格のある10代の学生が行っていること

品格というのは10代でも差が出てしまうものです。

特に、この年代というのは制服を日常的に着る学生の時期なので、ファッションと言っても制服の着方に品格が表れてきてしまいます。品格のある10代の学生は、清潔感を保ちながらきちんと制服を着こなします。

崩して着るという学生服の着方が一時流行しましたが、そんなことには目もくれず、きれいに着こなしているのです。タイがある制服の場合はきちんとタイを結び、スカートは長すぎず、ルーズソックスよりも紺のハイソックスを好んできます。学校には規則があるので、規則の中でおしゃれを楽しむ以外はルール違反をしません。

学校へ行く道中に電車にのる場合には、通行人に服装をチェックされてしまうからです。

関連記事

  1. 【言葉遣い編】品格のある20代の男性が行っていること

  2. 【メンタル編】品格のある30代の男性が行っていること

  3. 【言葉遣い編】品格のある10代の学生が行っていること

  4. 【動作・立振る舞い編】品格のある30代のモテ男が行っていること

  5. 【言葉遣い編】品格のある30代の社会人が行っていること

  6. 【メンタル編】品格のある50代の社会人が行っていること

カテゴリー