【動作・立振る舞い編】品格のある20代の社会人が行っていること

社会人として認めてもらうには、人としての品格は重要です。

特に動作・立振る舞いは何気なく行なって仕舞うので、素の自分が現れる部分となります。20代だから仕方ないと許してもらえるのは1度か2度までです。社会人となったら動作・立振る舞いには注意しなくてはいけません。

例えば狭い通路などですれ違う場合、廊下の端で立ち止まって譲ることも大切なことです。間違っても人の前を横切るようなことはしないようにしてください。階段で行き違うときなどは上がらずに踊り場などで譲ることも良いことです。

物を落とした時には拾い上げる動作・立振る舞いも誰に見られているか分かりませんので、腰を折るのではなくちゃんと膝を曲げて拾い上げるようにします。

関連記事

  1. 【動作・立振る舞い編】品格のある50代のモテ男が行っていること

  2. 【言葉遣い編】品格のある20代の社会人が行っていること

  3. 【動作・立振る舞い編】品格のある50代の男性が行っていること

  4. 【ファッション編】品格のある20代の男性が行っていること

  5. 【言葉遣い編】品格のある10代の学生が行っていること

  6. 【ファッション編】品格のある20代のモテ女が行っていること

カテゴリー