【メンタル編】品格のある50代のモテ女が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

品格のある50代のモテ女の人が心掛けて行っていることは、きちんとした言葉使いです。

敬語と丁寧語を自然に使って、上品な話し方をします。言葉の使い方はメンタルの反映になるので下品な話し方にならないように気を配っています。例えば、いろいろな言葉に「お」をつけて話すようにしています。「話をしましょうか」よりは「お話をしましょうか」の方が、品格のある言葉使いです。

敬語は初対面の人に向けても使います。たとえ年下の人であっても、敬語を使えば上品な感じになります。例をあげると「初めまして、田中と言います」よりは、「初めまして、田中と申します」のような言い方をします。

言葉使いの他に大切なことがあります。それは優しさで、どんな人にも優しい態度で接します。優しさを身に付けるのは簡単でではありませんが、自分のことより相手のことをまず考えることでそれを身に付けるのです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある30代の男性が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある40代の女性が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある50代の男性が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある30代のモテ男が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある50代の社会人が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。