【ファッション編】品格のある50代の社会人が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

品格のある50代の社会人がファッションで気にしていることは清潔な洋服を着ることです。

同じ服を2日続けて着ない。洗濯機で洗えるシャツでも数回に一回はクリーニングに出し、のりを利かせます。見えない下着も当然1日着たら洗濯をします。

次に派手派手にしないことです。見た目はその人の人格を表してしまいますし、職場等で浮いてしまいます。見る人によっては気分を害することもあります。社会人として品格をあらわすような万人受けするようにします。50代の人が着る服は今までの自分が見られるファッションセンスが重要です。ワンポイントできらりとするようなアクセサリー、ハンカチもお勧めです。

もう若いとは言えませんので落ち着いた大人の洋服選びを心掛け、社会人として熟成された格好をしてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代の社会人が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある50代の社会人が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代の男性が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代の女性が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。