【言葉遣い編】品格のある50代の女性が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

50代の女性は気持ちも若く外見も若いかたも多いですが、年齢相応の品格のある言葉遣いをしたいものです。

相手の話を目を見て聞く、挨拶をきちんとするなどは基本中の基本ですが、最近は相手の話の相槌に「そうなんですね。」と言う方が増えています。

これはアナウンサーでも時々使っていらっしゃいますが「そうなんですか、」が適切です。また相手に何かを紹介したり持って来たりしたときに「何とかになります。」と言う人も多いようですが、今この場で、「成る」わけでなないので「何々です。」ときっちり説明するのが上品です。

若い人の使うような言葉を使うのもいいですが、TPOをわきまえて、50代の品格ある女性らしく、正しい日本語を話す努力が大切です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある30代の男性が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある20代のモテ男が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある20代の社会人が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある50代の男性が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある40代のモテ男が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代の女性が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。