【言葉遣い編】品格のある50代の男性が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

品格ある50代男性が行っている言葉遣いは、TPOに応じて上手に使い分けており、特に外食時に品格のある方と無い方の違いが如実に表れます。

品格のある方の食事における言葉遣いは、店員に対して敬語を使って円滑にコミュニケーションを図っていますが、そうでない方は失礼な態度を店員に取ったり大声で騒いでしまうケースもあります。

店員が、20代・30代の年下であっても決して偉ぶる事なく接する事も50代の品格ある接し方であると言えるでしょう。

クレーム応対も言葉遣いの品格が出るシーンであり、会話の合間に挟む「恐れ入りますが」・「恐縮ですが」・「申し訳ありませんが」といったクッション言葉を使う事によって、解決の糸口を見つける事が出来ます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある30代のモテ女が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある20代の社会人が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代のモテ男が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代の男性が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【ファッション編】品格のある50代の女性が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。