【動作・立振る舞い編】品格のある50代の社会人が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

50代の社会人の品格のある動作・立振る舞いの基本は『目配り』『気配り』『心配り』だと言えます。

若い世代と違い、経験も多々有り年代的にも落ち着いた観察力と行動を兼ね備えているはずの年代だからです。

動作や立ち振る舞いは、バタバタするようなことに直面してもゆったりとしたなかにも的確な判断で動くことが見ていても安心感を感じさせます。それには、常に目配りを行い周りを観察する力、気配り・心配りで相手が欲していることを事前にキャッチして先手を打つ行動や言葉遣いを行なうことです。
社会人として、基本的なマナーとして挨拶や目上の人への接し方などは当然取得しているべきものですし、仕事・私事に対するライン引き、約束事に関する徹底さなどでその人の品格に差がつくものだと感じます。

三大配りは、どんな場面で50代の社会人なら身につけていれば自然に動作・立振る舞いにも影響してくる大切な要素です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代のモテ男が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある50代の男性が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【ファッション編】品格のある50代の女性が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある40代のモテ女が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある50代の女性が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。