【言葉遣い編】品格のある40代の社会人が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

日本人が使う上品な言葉遣いの一つにクッション言葉があります、日本人ならではともいえるクッション言葉を上手に使うのが、品格のある40代社会人です。

例えば、「恐れ入りますが」とか「お忙しい所申し訳ありませんが」などと一言添えてから用事を頼むと、品格を感じます。

病院などで、「具合はいかがですか」と尋ねられた時に、「調子が良いです」と答えるのと、「お陰様で調子が良くなってきました」と答えるのとでは、受け手の印象が違ってきます。依頼された仕事を断る時に「無理です」の一言だけでは、それ以上の会話は進みません。ここでもクッション言葉がベターです。そして代替え案を出しましょう。

「申し訳ありませんが、今日中は少し難しいので明日の夕方まで待ってもらえないでしょうか」などと、クッション言葉を添えて代替え案を出すのが品格のある40代社会人です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある40代のモテ男が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある40代のモテ女が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある30代のモテ女が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある30代のモテ男が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある40代の女性が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある30代の社会人が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。