【言葉遣い編】品格のある30代の社会人が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

30代になると社会人としての品格の言葉遣いができないと、社会でのステータスの低さが露呈してしまうためモテません。

異性と会話をしている中で仕事ができる人間に見せるために、品格のある言葉遣いをするように心掛けましょう。話し方を改めるには時間と訓練が必要となるものですが、まず簡単にできる方法は若者が使うような言葉を使わないことです。

あまり堅苦しい言葉遣いをすると相手との距離感を縮めることができないため、くだけた言葉でしゃべるのは大切です。しかし、10代の子供が使うような言葉を話してしまうと品格を疑われるので、それを使わないように心掛ける方法が手軽に改善できる方法です。

また、語尾を伸ばす癖も子供っぽく聞こえてしまうので、気を付けましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある30代の男性が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある30代の女性が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【ファッション編】品格のある30代のモテ男が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【言葉遣い編】品格のある20代のモテ男が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある30代の社会人が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【ファッション編】品格のある30代の男性が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。