【言葉遣い編】品格のある10代の学生が行っていること

品格・上品・気品の情報サイトHinKak

10代学生は若者言葉が一番身近な層ですが、品格のある人は正しく美しい言葉遣いをしています。

「超」「ウケる」の代わりに「とても」「面白い」といった言葉を使います。今の若者は「ヤバイ」という言葉だけで良いことも悪いことも表現できますが上品とはいえません。

品格のある学生はその時のニュアンスをきちんと理解した上で、正しい言葉に置き換えています。「かしこまりました」などの社会人で広く使われているような敬語はあまり使われませんが、教師をはじめとした目上の人には身の丈に合った言葉遣いをします。

授業でラ抜きやサ入れ言葉の問題を学習すれば、それをすぐに身に付け日常生活で間違わないように注意するので社会に出ても恥ずかしくない言葉遣いを覚えられます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある40代の男性が行っていること

  2. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代の男性が行っていること

  3. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある30代の男性が行っていること

  4. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【動作・立振る舞い編】品格のある40代の社会人が行っていること

  5. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【食事編】品格のある30代の男性が行っていること

  6. 品格・上品・気品の情報サイトHinKak

    【メンタル編】品格のある50代のモテ女が行っていること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。